Audi Columnアウディ コラム

YANASE Audi
Official Information Site

2019.09.26

試乗車を購入するメリットとデメリットを理解して賢い買い方を!

アウディヤナセオートモーティブの清水です。

ディーラーや販売店にある試乗車は、タイミングにより購入できるのをご存知でしょうか。

 

新車を購入するには、販売店やディーラーでお気に入りの車を見つけ、実物を目で見て試乗をしてから決断します。

試乗車として使われた車は、その後中古車として販売されることが多く、中古車市場でも人気があります。

 

今回は試乗車を購入する際のメリットやデメリット、また注意点やポイントなどをご紹介します。

車を見つめる外国人カップル

 

 

試乗車とは

試乗車とは、購入を検討しているお客様に実際に公道を走ってもらうために用意された車です。

主にディーラーや販売店などで試乗するために使われていて「試乗車落ち」とも言われています。

 

公道を走ることが出来るようにナンバープレートを取り付けて新車登録も行っているので、一般的に1年くらい試乗車として使われた後、中古車になって売りに出されることが多いようです。

 

基本的に試乗車は実際に乗られているため、走行距離は約数千~一万キロ程度と少ない車両がよく見られます。

 

 

試乗車を購入するメリットとデメリットを詳しく理解しよう

試乗車を購入するメリットとデメリットをご紹介します。

 

試乗車購入のメリット

 

比較的新しい車を安く購入出来る可能性がある

試乗車なので新車ではなく中古車になりますが、比較的最新モデルの車種を安く購入出来る可能性があります。

 

一般的な中古車よりも走行距離が少ない

試乗車は販売店やディーラーによって違いますが、1日の走行時間は普通の車に比べて少ないため、走行距離も短い車が多くあります。

 

きちんと整備されているので車の状態が非常に良い

試乗車は定期的な整備点検を行っているので、車の状態は良いものが多いです。

整備記録簿で点検の履歴も残しているので事故車ではないか、またメーターの改ざんなどがないかなど車の状態を確認することが出来ます。

 

オプションが付いていたりグレードが高い車がある

販売店やディーラーによってはフルオプションが付いていたり、グレードが高い車種がある可能性があります。

 

試乗車購入のデメリット

 

ボディーカラーが限定される

試乗車は、店舗にある現品を購入することになります。

特に限定色を選ぶことは難しく、ホワイトやブラック等の車両が多いです。

 

状態が万全とは限らない

状態が良い車といえど実際に公道を走行していた車です。

たくさんの人が実際に乗り触っているので、未使用の新車とは違うことを理解しておきましょう。

自分の目でしっかりと車体・車内ともに確認することをおすすめします。

 

 

試乗車を購入する時の注意点と確認したい注目ポイント

握手をしながら車のキーを渡す

試乗車を購入する際には、冷静にしっかりと状態を確認するようにしましょう。

 

販売価格について

試乗車は販売店の備品を中古車として販売するため、大きな値引きなどは期待出来ないかもしれません。

同クラス・同グレードの一般的な中古車と比較し、価格や車両の状態を総合的に確認・納得したうえで購入することが大切です。

 

値引きが少ない分、オプション品で納得できる価格になるのか、もしくは不要なオプションを外すことができるのか、といった点について確認してみましょう。

 

不特定多数が運転していてもOK?

実際に試乗されているため、不特定多数の人がその車に乗っています。

「清掃されていても知らない人がたくさん乗った車はちょっと…」と気になってしまう人には向かないかもしれません。

 

試乗車は必ず自分の目でも確認しよう

試乗できる場合には必ず試乗を行い、走行感を確認するとともに、足回りの状態確認や傷・汚れは自分の目で隅々まで確認し、走行距離が多い場合はオイル交換がされているかもチェックしましょう。

 

試乗車は一般の中古車に比べ、販売店やディーラーによってしっかり整備されているため、不具合がないか自分であまりチェックしない方もいます。

しかし、中古車であることには変わりません。

細かい動作状況について、ご自身でもチェックすることが大切です。

 

その他「購入後のフォローはどうなっているか」「いざというときの保証範囲についてどうなっているか」といった点についても、必ずチェックしてから購入するようにしましょう。

 

 

試乗車の良し悪しを理解し、お得に車を購入しよう!

試乗車のメリットとデメリットを理解した上で、予算やここは外せないというポイントを吟味することが大切です。

時期や条件さえ合えば中古車よりも状態が良いものが見つかる可能性も大いにありますので、日頃からしっかりと情報収集をしましょう。

 

買い替えの時期などが決まっているのであれば、事前に販売店へ何度も足を運ぶなど準備をすることで素敵な車と出会えるかもしれません。

試乗車を購入するのであれば、同じ車種やグレードの中古車としっかり比較して購入することをおすすめします!

清水 敏弘シミズ トシヒロ

ヤナセ入社後、VW・Audiの輸入業務を経験した後、オペルの広告宣伝やメルセデス・ベンツの神奈川エリア販売促進業務を経て、現在Audiの販売促進活動に従事しています。

様々なモデルに携わらせていただいた立場から、Audiの特徴や先進技術は勿論、Audiを所有することで得られる豊かなカーライフ等を丁寧にお伝えできればと思います。