Audi Columnアウディ コラム

YANASE Audi
Official Information Site

2022.04.06

SUVの維持費はどれくらい?内訳や年間の金額目安を紹介!

アウディヤナセオートモーティブの清水です。

 

SUVは、近年人気が急上昇している車種のひとつ。

走破性に優れ多用途に適している点や、スタイリッシュなデザインは、SUVの大きな魅力です。

また、SUVは軽SUVからラージSUVまで種類が多いのも特徴で、最近ではミニバン型のSUVも登場し、ファミリー層にも支持されています。

 

そんな人気の高いSUVですが、購入にあたっては注意しておきたい点もあります。

それが、維持費について。

 

SUVは、特に大きなサイズの場合、維持費が高くなる傾向があります。

予想外の出費を避けるためにも、SUV購入時には維持費についても把握しておくことが大切です。

 

そこで今回は、SUVの維持費について詳しく解説していきます。

具体的な項目と金額の目安もまとめていくので、SUV購入を検討されている方は参考になさってください。

SUVの維持費

 

 

SUVの維持費にはどのようなものが含まれる?年間の合計は?

SUVをはじめとした自動車に乗るには、複数の項目の維持費がかかります。

まずは、具体的な維持費の項目と、目安となる費用感についてご紹介します。

 

維持費の主な項目は8つ

主な維持費として挙げられるのは、下記の8つの項目です。

  1. 自動車税
  2. 自動車重量税
  3. 自賠責保険
  4. 自動車保険
  5. ガソリン代
  6. 車検代
  7. メンテナンス費用
  8. 駐車場代

 

項目ごとに、その内容とSUVにおける金額の目安を見ていきましょう。

 

①自動車税

自動車税は、1年に1度、自動車に対し課される税金のこと。

税額は所有する自動車の排気量に応じて決まり、排気量の少ない自動車の自動車税は安く、排気量の多い自動車の自動車税は高くなります。

 

一般的なSUV(総排気量1,500cc〜4,000ccの場合)であれば、自動車税は39,500〜66,500円ほどが目安。

より排気量の少ないコンパクトSUVや軽SUV(軽自動車税)なら、上記よりも安い金額になります。

 

②自動車重量税

自動車重量税とは、自動車の重量に応じて課税される税金。

重量だけでなく、購入からの年数によって金額が変わり、車検時に支払いが行われます。

 

一般的なSUV(車体重量1.5t〜2.5t・3年自家用・エコカー外の場合)であれば、自動車重量税は1年で12,300〜20,500円ほどが目安。

自動車税同様、車体重量の軽いコンパクトSUVや軽SUVなら、上記よりも安い金額になります。

 

③自賠責保険

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、交通事故による基本的な対人補償を確保するための損害保険。

全ての自動車の保有者に加入が義務付けられています。

 

自賠責保険の保険料は、36カ月契約で27,180円、24カ月契約で20,010円(軽自動車は36カ月契約で26,760円、24カ月契約で19,730円)。

車検時に支払うのが一般的です。

 

④自動車保険

自賠責保険と異なり、自動車保険への加入は義務ではなく任意です。

しかし、自賠責保険だけでは補償が十分とはいえないため、万が一の事故に備え、加入する方がほとんどでしょう。

 

自動車保険の保険料は、保険会社や契約者の年齢、車両の状態、契約内容等によって大きく異なります。

あくまで目安ですが、SUVであれば10万円以上は見ておいた方が良いでしょう。

 

⑤ガソリン代

コンスタントにかかるのがガソリン代。

自動車の燃費やガソリン価格、走行距離によってかかるガソリン代は異なりますが、一般的には1カ月1万円、1年で12万円ほどかかります。

SUVはガソリン代がかなりかかるモデルも多いので、購入時には燃費をしっかりチェックしましょう。

 

⑥車検代

2年ごと(初回は3年)に行う車検代も、SUVをはじめとした自動車の維持にかかる費用のひとつ。

かかる金額は、依頼する業者や車両モデル、修理部分の有無によっても異なりますが、2年間で10万円ほどが目安でしょう。

 

⑦メンテナンス費用

自動車に乗り続けるためには、定期的なメンテナンスが必要です。

例えば、タイヤの空気調整やオイル・ワイパー・タイヤの交換、ウォッシャー液の補充等。

 

年間でかかる費用は車両の状態によって大きく異なりますが、目安として5,000円〜25,000円程度は見ておいてください。

 

⑧駐車場代

駐車場を借りなければならない場合には、駐車場代も維持費としてかかります。

1台分なら、地方では月1万円以下で借りられることが多いですが、都心になると2万円以上かかることも。

年間の駐車場代はかなり大きな額になります。

 

年間維持費の合計目安、AudiのSUVの場合

ここからは、実際のアウディのSUV車を例に、年間維持費の合計目安額を算出してみましょう。

金額はあくまで目安なので、参考としてお役立てください。

 

New Audi Q2の年間維持費の目安

  • 総排気量:1,497cc
  • 燃費:約15.8km/L(WLTCモード)
  • 車両重量:1,340kg
 項目  目安金額
 自動車税  34,500円
 自動車重量税  12,300円(3年自家用の場合。36,900円/3年)
 自賠責保険  10,005円(20,010円/2年)
 自動車保険  100,000円
 ガソリン代  約113,000円
 車検代  50,000円(100,000円/2年)
 メンテナンス費用  5,000〜25,000円
 駐車場代  60,000〜240,000円
 目安合計金額  約384,805〜584,805円

 

Audi Q8の年間維持費の目安

  • 総排気量:2,994cc
  • 燃費:9.2km/L(WLTCモード)
  • 車両重量:2,150kg
 項目  目安金額
 自動車税  51,000円
 自動車重量税  20,500円(3年自家用の場合、61,500円/3年)
 自賠責保険  10,005円(20,010円/2年)
 自動車保険  100,000円
 ガソリン代  約193,500円
 車検代  50,000円(100,000円/2年)
 メンテナンス費用  5,000〜25,000円
 駐車場代  60,000〜240,000円
 目安合計金額  約490,005〜690,005円

 

※年間のガソリン代は、ハイオク価格178円/L× 年間の走行距離10,000km ÷ 車の燃費(km/L)で算出。

 

 

SUVの維持費を少しでも安くする方法もチェック!

SUVの維持費は、モデル・保険の選び方や日頃の工夫で安くすることが可能です。

ここからは、SUVの維持費を安くする方法を5つご紹介します。

 

①軽・コンパクトSUVを選ぶ

SUVには、軽SUV・コンパクトSUV・ミドルサイズSUV・ラージSUVと、ボディサイズに幅があります。

この中でも、維持費を抑えたい人におすすめなのが、軽SUVやコンパクトSUV。

軽SUVやコンパクトSUVは、ミドルサイズSUVやラージSUVに比べ排気量が少なく、それに伴い自動車税も安くなるためです。

 

また、車体の重量も比較的軽いため、自動車重量税もミドルサイズSUVやラージSUVに比べ安く済ませることができるでしょう。

 

②燃費の良いSUVを選ぶ

SUV購入時には、燃費にも注目しましょう。

モデルによって燃費は大きく異なります。

燃費の良いモデルを選ぶことで、年間のガソリン代はかなり変わってきます。

 

燃費を比較する際には、気になるモデルごとに、燃費と予定走行距離から具体的なガソリン代を算出・比較すると、費用感とその差が把握しやすいのでおすすめです。

 

また、ガソリン代を抑えるためにハイブリッド車や電気自動車を選ぶのも有効でしょう。

 

③エコカー減税対象SUVを選ぶ

「エコカー減税」とは、国土交通省が定める排気ガスや燃費基準をクリアした自動車(新車・中古車)に対する減税制度のこと。

エコカー減税の対象車は、初回(2回目)車検における自動車重量税が25%〜100%減税されます。

SUV購入時にエコカー減税対象車を選べば、車検時に支払う自動車重量税を下げることが可能です。

 

④自動車保険の内容・金額を精査する

保険会社によって、自動車保険の補償内容や金額は異なります。

そのため、自動車保険加入時には、複数の保険会社から見積もりを取り、各社の補償内容と金額を精査・比較した上で、どの保険に加入するか決める必要があります。

 

長年見直しをせずにそのまま更新している方も少なくはないですが、不要なオプションを解除したり保険会社を乗り換えたりすることで、保険料は安くなるかもしれません。

高い維持費を下げるためにも、自動車保険の見直しは更新ごとに行いましょう。

 

⑤こまめにメンテナンスを行う

車両を常に良好な状態にキープしておけば、燃費は向上します。

そのためには、こまめなメンテナンスが必須。

タイヤの空気圧をチェックしたり、オイル交換をおこなったりと、車両を良好に保つためのメンテナンスを習慣づけましょう。

 

こまめなメンテナンスは、事故予防にも効果的です。

 

 

SUVの維持費は事前に確認を!工夫次第で金額を抑えることも可能

SUVをはじめとした自動車には、税金や保険代、ガソリン代などといった複数の維持費がかかります。

維持費は車両のスペックや状態、自動車の乗り方等によって異なりますが、SUVであれば、年間30万円以上が必要になるでしょう。

 

また、SUVの維持費を抑えるには、モデル・保険の選び方や日頃の工夫が大切。

車両の購入や自動車保険の加入については商品情報を比較・精査した上で決め、車両購入後には日常的なメンテナンスを実施しましょう。

 

ヤナセアウディでは、SUVをはじめとしたアウディの中古車を多数取り扱っております。

乗り心地に優れたスタイリッシュなSUVをお探しの方は、ぜひお問い合わせください!

清水 敏弘シミズ トシヒロ

ヤナセ入社後、VW・Audiの輸入業務を経験した後、オペルの広告宣伝やメルセデス・ベンツの神奈川エリア販売促進業務を経て、現在Audiの販売促進活動に従事しています。

様々なモデルに携わらせていただいた立場から、Audiの特徴や先進技術は勿論、Audiを所有することで得られる豊かなカーライフ等を丁寧にお伝えできればと思います。

閉じる