Audi Columnアウディ コラム

YANASE Audi
Official Information Site

2019.11.01

アウディのツードアおすすめ車種ご紹介!

アウディヤナセオートモーティブの清水です。

 

大人びた雰囲気をかもし出すアウディ車ですが、そのラインナップにはツードアのモデルが存在します。

ツードアクーペや屋根の開閉が可能なカブリオレ、ロードスターといったモデルです。

 

今回はスポーツカーのような佇まいを放つ、アウディツードア車の特徴や良さについてご紹介いたします。

アウディ S5

 

 

ツードア車の魅力とは?

ツードア車の最大の魅力は、外観のかっこよさではないでしょうか。

車高が低く、スポーツカーさながら優美な曲線のボディーラインをもつ車両が多く販売されています。

特に市街地でのドライブでは人々の羨望のまなざしを集めます。

 

車高が低いことから、重心が低く、横風の影響によるブレの低減が期待されます。

 

全体的にコンパクトな設計となっているため、身長が高い方にとっては、車に乗り込む際に低く感じる場合があるかも知れませんが、フロント座席はゆったりとしています。

そのため、窮屈なドライブになることはありません。

 

後部座席は狭かったり、設定されていなかったりする場合がありますが、TTroadster以外には後部座席が備わっています。

しかし、フロント座席の快適さと比べると、補助程度に考えた方が良いでしょう。

 

インテリアに関しても、多くの車両ではラグジュアリーな仕様になっており、特別なひと時を過ごす空間にはうってつけです。

そのためデートや一人でのドライブを楽しむには最適な空間を提供してくれます。

 

 

アウディのツードアはどれくらい種類があるの?

アウディのツードア仕様車には「A」シリーズやSUVの「Q」シリーズ、その他に「TT」、「R8」といったラインナップがあります。

各シリーズには数字が割り振られており、ボディーサイズや排気量を表します。よりスポーティーな「S」タイプや「RS」タイプもあります。

 

現在販売されているアウディのツードア車は下記の11車両です。

・Audi A5 coupe
・Audi S5 coupe
・Audi RS5 coupe
・Audi TT coupe
・Audi TT roadster
・Audi TTS coupe
・Audi R8 Coupé
・Audi R8 Spyder

 

 

アウディのツードアの特徴は?

全てお勧めなので紹介したいのですが、今回はクラスごとに注目していきましょう。

 

コンパクトかつ俊敏なAudi A1!

Audi A1とドライバーの外国人男性

アウディのラインナップの中で全長4mを切る最もコンパクトなモデルです。そのコンパクトなボディにはアウディの哲学を凝集しており、緻密に計算された設計から、優れた走行能力を発揮します。

 

車体の重量バランスを考えバッテリをラゲッジケースの下に配置し、小排気量とは思えないエンジンを搭載しています。

また、座り心地の良いシートなどを採用することで、ストレスなく走行できるモデルとなっています。

 

エンジンは1.0 TFSIと1.4 TFSIの2種類があり、排気量がそれぞれ999ccと1,394ccとなっています。

燃費はJC08モードで1.0 TFSIが22.9km/L、1.4 TFSIが21.1km/Lと燃費がよいモデルです。

 

細部までこだわり、インテリアのデザインや素材に関しても妥協せず追及したため、シルバーの装飾が高級感を演出しており、オーナーを満足させてくれる1台となっています。

 

最もコンパクトとはいえ、決してエントリーモデルではく、アウディのツードアを象徴するモデルといえます。

 

 

スポーツタイプやオープンカーも存在するAudi A5 シリーズ!

Audi A5 カブリオレ

A5シリーズにはクーペやカブリオレといったツードアモデルがあります。また、よりスポーティーな「S」「RS」タイプもご用意してあります。

 

A5カブリオレはオープンカーモデルとなっており、風を感じながら優雅なドライブを楽しめます。

また、そのシルエット美や端整な顔立ちを象徴するヘッドライトを装着しており、高いデザイン性を誇っています。

 

カブリオレの特徴であるオープンルーフの設計は車両の美しさを損なわないよう検討されており、A5クーペとは異なるボディ設計となっています。

ソフトタイプのルーフを採用しており、開閉には約15秒必要です。

また全長は4,690mmとA1と比べると大きいですが、ラゲッジスペースが最大380Lと十分な荷物を積載できる容量となっています。

 

外見だけでなく、最新のテクノロジーを標準装備としています。安定走行を実現するために独自の4WDシステムquattro®を装備しており、街中や舗装されていない道路、悪天候の道のりでも楽に運転可能です。

また、アウディコネクションでMMI(マルチメディアインターフェイス)ナビゲーションシステムをネットワークに接続し、ナビやスマートフォンなどの車内ネット環境を快適に使用出来ます。

 

 

リアルスポーツカー、Audi TTシリーズ!

Audi TT クーペ

アウディ「TT」シリーズにはクーペとロードスターのツードアタイプがあります。エッジが効いたスタイリッシュなデザインです。

「TT」のシリーズの名前はTT(ツーリスト・トロフィー)レースを由来にしており、実際にレースシーンを彷彿させるようなスポーティーな車両です。

 

見た目だけでなく、軽量化と剛性を実現するためにASF(audiスペースフレーム)を採用しており、アルミを多用したボディー構造を採用しています。

エクステリアだけでなく、性能にこだわるアウディの哲学を凝集したプロダクトです。

 

エンジンは「TTクーペ」および「TTロードスター」には169kWの最高出力と370Nmの最大トルクを持った1,984cc 4気筒エンジン、「TTSクーペ」には210kW、380Nmの同排気量のエンジンを使用しています。

これらのパワフルエンジンやquattro®システムがダイナミックかつ滑らかな運転を実現してくれます。

 

近未来的なバーチャルコックピットシステムを搭載しており、MMIナビゲーションシステムとの併用で、ドライバーが必要な情報を提供し、道に迷うことなくどこまでもスポーツカー感覚でドライブを楽しめます。

 

これほどまでに美しく、高性能な力強さを兼ね備えている「TT」シリーズはまさにリアルスポーツカーといって過言ではありません。

 

 

まとめ

アウディにはいくつかのツードアタイプがあります。

コンパクトなA1、クーペやカブリオレタイプのA5、リアルスポーツカーといったクーペやロードスタータイプがあるTTシリーズ、どれも魅力的な車両です。

アウディ独自のシステムや哲学を組み込んでおり、近未来的かつスタイリッシュなモデルは、きっとあなたをとりこにすることでしょう。

 

一見ラインナップが多く迷うかもしれませんが、オープンカーやスポーツタイプなどの各車両の特徴を吟味しながら、実際に運転している姿を想像して選んでください。

自分のライフスタイルにあわせて、気になる車種がありましたら、ぜひ一度試乗してみてはいかがでしょうか。

 

お近くの店舗へお気軽にお問い合わせください!

清水 敏弘シミズ トシヒロ

ヤナセ入社後、VW・Audiの輸入業務を経験した後、オペルの広告宣伝やメルセデス・ベンツの神奈川エリア販売促進業務を経て、現在Audiの販売促進活動に従事しています。

様々なモデルに携わらせていただいた立場から、Audiの特徴や先進技術は勿論、Audiを所有することで得られる豊かなカーライフ等を丁寧にお伝えできればと思います。