Audi Columnアウディ コラム

YANASE Audi
Official Information Site

2021.01.19

アウディQ8とQ7を比較!それぞれの特徴や魅力をご紹介

アウディヤナセオートモーティブの清水です。

 

今回は、アウディ Q8とQ7の違いについてお話します。

それぞれを比較し、特徴や性能までじっくりとご紹介しますので、ぜひアウディのモデル選びの参考にしてください!

AudiQ8とAudiQ7

 

アウディ Q8・Q7の違いは?特徴をご紹介!

アウディのクーペスタイルのSUVモデル「アウディ Q8」とプレミアムSUV「アウディ Q7」。

 

ボディサイズ・乗車定員・価格・燃費・トランク容量など、基本的なスペックを比較して見ていきましょう!

 

ボディサイズ、車体重量

  • アウディ Q8 55 TFSI quattro:全長4,995mm、全幅1,995mm、全高1,705mm、重量2,150kg
  • アウディ Q7 55 TFSI quattro:全長5,065mm、全幅1,970mm、全高1,735mm、重量2,120kg

 

アウディ Q8はそのダイナミズムを全身で表現し、車高はアウディ Q7より低く設定されています。

 

アウディ Q7は全長5,065mm×全幅1,970mm×全高1,735mmと、Qモデル最大のボディサイズで広々とした空間となっているところがポイントです。

 

乗車定員

  • アウディ Q8 55 TFSI quattro:5名
  • アウディ Q7 55 TFSI quattro:5名/7名

 

アウディ Q8のホイールベースは2,995mmで、5名の乗員に十分なスペースを確保しているところが特徴です。

 

アウディ Q7の乗車定員は5名が標準ですが、オプションで7人乗り3列シート仕様の「7シーターパッケージ」を用意しています。

 

燃費(WLTC モード)

  • アウディ Q8 55 TFSI quattro:9.2 km/L
  • アウディ Q7 55 TFSI quattro:9.3 km/L

※「WLTC モード」とは、市街地・郊外・高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードのことです。

 

トランク容量

  • アウディ Q8 55 TFSI quattro:605L(VDA値)
  • アウディ Q7 55 TFSI quattro:890/2,075L(VDA値)

 

アウディ Q8のリヤシートは、前後に100mmスライド調整することが可能です。

605Lのラゲージコンパートメント容量は、リヤシートバックを折りたたむと1,755Lまで拡大。

ラゲッジスペースの積載量にあわせて変更できます。

 

アウディ Q7のラゲッジスペースは、5人乗り仕様で通常時 890L。

2列目のシートを格納すればなんと、2,075Lもの広いスペースを確保します!

 

7人乗り3列シート仕様の場合は、サードシートを格納した状態で770L。

セカンドシートも格納すれば1,955Lの収納が可能です。

 

ゴルフバックや大きなスーツケースなども安心して積荷ができますので、ドライブシーンに合わせてアレンジをお楽しみ下さい!

 

 

アウディQ8・Q7の走行性能に違いは?

アウディQ8・Q7の気になるスペックについても比較してみましょう。

 

アウディ Q8 55 TFSI quattro

  • エンジン種類:V型6気筒DOHC インタークーラー付ターボチャージャー
  • 最高出力[ネット]:250(340) / 5,200 – 6,400  kW (PS) / rpm
  • 最大トルク[ネット]:500(51) / 1,370 – 4,500  Nm (kgm) / rpm
  • トランスミッション:8速ティプトロニックトランスミッション

 

アウディ Q7 55 TFSI quattro

  • エンジン種類:V型6気筒ガソリンターボチャージャー
  • 最高出力[ネット]:250(340)/ 5,200 – 6,400kW (PS) / rpm
  • 最大トルク[ネット]:500(51)/ 1,370 – 4,500Nm(kgm) / rpm
  • トランスミッション:8速ティプトロニックトランスミッション

 

アウディ Q8・Q7ともに、ダイナミックでスポーティなドライビングを体験できます。

 

どちらも「マイルドハイブリッドシステム(MHEV)」を搭載しているところがポイントです。

48Vの高い電圧とリチウムイオンバッテリー(10Ah)とベルト駆動式オルタネータースターターを用いたマイルドハイブリッドシステムにより、最大12kWという高いエネルギー回生能力を実現。

22km/h以下ではスタート/ストップ機能も作動し、燃料消費量の低減を可能とし、高効率的で快適なドライビングを楽しめます。

 

アウディ Q7には、アウディ独自の4WDシステムを搭載。

4輪全てに駆動力を配分し、路面や走行の状況を問わず、幅広い状況で優れたパフォーマンスを発揮します。

 

アウディ Q8は、センターディファレンシャルタイプの「quattro(4輪駆動システム) 」や後輪を最大5度操舵する「AWS(オールホイールステアリング)」などの先進技術を搭載。

ボディサイズを感じさせない軽快でダイナミックな運動性能を実現しています。

 

 

アウディ Q8・アウディ Q7の魅力は?

アウディ Q8とQ7の魅力について、それぞれご紹介します!

 

アウディ Q8

アウディ Q8の横

アウディ Q8は、よりスポーティでラグジュアリーなモデルを志向するお客様に向けて開発したクーペスタイルのSUVモデルです。

 

アウディ Q8のエクステリア・デザインのポイントは、フロントエンドを強烈に印象づける八角形のシングルフレームグリル。

グリルバーと角張ったエアインテークが強い存在感とキャラクター性を放ちます。

 

ひと目でアウディ Q8だとわかる、HDマトリクスLEDライトも必見です。

「MMI タッチレスポンス」や「アウディバーチャルコックピット」といった、先進テクノロジーと心地よさが融合した上質な空間でドライブを楽しめます。

 

4ドアラグジュアリークーペを思わせるエレガントな外観をぜひ実際にご覧ください。

 

アウディ Q8

  • アウディ Q8 55 TFSI quattro
  • アウディ Q8 55 TFSI quattro S line
  • アウディ Q8 55 TFSI quattro luxury

※2021年1月時点

 

※アウディQ8については、こちらでも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

Audi Q8はラグジュアリーなクーペスタイルのSUV!見どころをご紹介

 

アウディ Q7

Audi Q7のフロント

日本で2006年にデビューした、アウディ Q7。

スポーティでスタイリッシュなエクステリアデザインと7人乗り3列シートを擁する「時代を先取りしたSUV」として、世界各国で人気を博しました。

 

2020年8月に登場した新型アウディ Q7は、Qモデル用にデザインされたオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルなどにより、力強くスポーティな印象へと生まれ変わっています。

 

室内には、スピードメーターをはじめナビ画面など、ステアリングに備わるスイッチを介して表示の切り替えが可能な先進のバーチャルコックピットを標準搭載。

乗員数やラゲッジに合わせて自由自在に室内のアレンジが可能なところも魅力のひとつです。

 

従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した「アダプティブドライビングアシスタント(ADA)」など、安全運転支援システムにもご注目ください!

 

アウディ Q7

  • アウディ Q7 55 TFSI quattro
  • アウディ Q7 55 TFSI quattro S line

※2021年1月時点

 

※アウディQ7については、こちらのコラムをご覧ください。

アウディQ7の魅力とは?デザインや乗り心地についても解説!

 

 

どちらを選んでも悔いなし!おすすめのアウディQ8&Q7

「アウディ Q8とアウディQ7どちらが良い?」

多くのお客さまが悩まれるかと思いますが、性能に差はあれど、どちらが優れていてどちらが劣っているということではありません。

 

選ぶポイントは、お客様のライフスタイルや走りの好みに最も左右されるでしょう。

あくまでも一例ですが、「このような人に向いているのはこちら」という視点でご紹介します!

 

アウディ Q8

Audi Q8

  • 5人乗りのSUVを探している
  • グレードにもこだわりたい、または「luxury」を選びたい
  • アウディ Q8のスポーティなデザインが好き

 

アウディ Q7

Audi Q7の後ろ

  • 5~7人乗りのSUVを探している
  • ドライブシーンにあわせて室内を自由自在にアレンジしたい
  • 先進の装備や安全運転支援システムが気になる

 

 

お気に入りの一台を探しにショールームへお越しください!

アウディのクーペスタイルのSUVモデル「アウディ Q8」とプレミアムSUV「アウディ Q7」。

どちらもアウディの伝統を受け継ぎながらも革新的なデザインと最新技術が詰まったモデルです。

 

この機会に、お気に入りの一台を見つけてみませんか?

 

詳しくはお近くのショールームへお気軽にお問い合わせください。

皆様のご来店をお待ちしております!

 

清水 敏弘シミズ トシヒロ

ヤナセ入社後、VW・Audiの輸入業務を経験した後、オペルの広告宣伝やメルセデス・ベンツの神奈川エリア販売促進業務を経て、現在Audiの販売促進活動に従事しています。

様々なモデルに携わらせていただいた立場から、Audiの特徴や先進技術は勿論、Audiを所有することで得られる豊かなカーライフ等を丁寧にお伝えできればと思います。

閉じる