Audi Columnアウディ コラム

YANASE Audi
Official Information Site

2022.01.20

「アウディ A8」の年式をチェック!モデルごとの特徴や変遷をご紹介

アウディヤナセオートモーティブの清水です。

 

アウディのフラッグシップモデル「アウディ A8」。

日本で初代アウディ A8は、1995年5月から発売が開始されました。

現行のモデルは4代目です。

 

今回は、「アウディ A8」の年式について、詳しくご紹介。

初代モデルから現行モデルまでの変遷だけでなく、スペックや特徴も説明します。

Audi A8 60 TFSI quattro

 

 

アウディ A8とは?特徴や魅力をご紹介!

「アウディ A8」は、ボディサイズ・エンジンサイズともに大きなハイエンドモデルです。

 

初代アウディ A8の日本での発売は、1995年5月から開始されました。

現行モデルは4代目となっています。

 

アウディ A8は、内外装ともに高品質な仕上げとなっております。

ダイナミックかつ美しいシルエット、まるで贅沢なラウンジにいるかのような室内空間がポイント。

 

堂々たるボディサイズは、全長5,170mm*、全幅1,945mm、ホイールベースは3,000mm*です。

*アウディ A8 Lは全長5,300mm、ホイールベース3,130mm

 

最先端のドライバーアシスタンスシステムや、最新世代のインフォテインメントも搭載し、安全・快適なドライブを実現します。

 

アウディブランドを代表するフォーマルセダン「アウディ A8」で、快適なドライブを楽しんでみませんか?

 

アウディ A8について詳しくは、下記のコラムをぜひご確認ください。

Audi A8はフォーマルセダンの最⾼峰!その魅力とは?

Audi A8 Lは最⾼級ラグジュアリーセダン!注目ポイントは?

 

 

アウディ A8の年式をご紹介!それぞれの特徴と変遷も

Audi A8

「アウディ A8」の初代モデルから現行モデルまで、特徴や変遷についてご紹介します。

 

初代アウディ A8の特徴

初代アウディ A8の登場は1994年。

1988年に登場したアウディ・V8の後継モデルとして発表されました。

 

アルミニウム素材の「アウディ スペース フレーム(ASF)」が採用され、高剛性と安全性を備えています。

 

アウディ A8は、内外装ともに高品質な仕上げとなっており、ラグジュアリーかつ快適な装備を多数備えた、アウディブランドを代表するプレミアム スポーティ サルーンです。

 

日本では、1995年5月に「アウディ A8 4.2 quattro」の発売が開始。

最高出力221kW(300ps)を発生する4.2L V型8気筒エンジンを搭載し、駆動方式はフルタイム4WDとなっています。

 

1998年1月、駆動方式FF(前輪駆動)の「アウディ A8 3.7」がラインアップに追加。

アウディ A8 3.7は、最高出力169kW(230ps)の3.7L V型8気筒エンジンを搭載しています。

 

1999年8月にマイナーチェンジされ、グレードは「アウディ A8 4.2 quattro」のみとなりました。

エンジンにも変更があり、4.2L V型8気筒DOHC5バルブエンジンを搭載し、最高出力は228kW(310ps)へと向上しました。

 

初代「アウディ A8」基本モデルのスペック

初代「アウディ A8」の「アウディ A8 4.2 quattro」のスペックは以下のとおりです。

  • 全長:5,035 mm
  • 全幅:1,880 mm
  • 全高:1,435 mm
  • 車両重量:1,820kg
  • 最高出力:228kW[310PS]/6,200rpm
  • 最大トルク:410Nm[41.80kgm]/3,000rpm

 

2代目アウディ A8の特徴

2代目アウディ A8は、日本で2003年10月に発表されました(販売開始は2004年2月)。

ラインアップは「アウディ A8 4.2 quattro」の1グレード。

エンジンは、最高出力246kW(335ps)の4.2L V型8気筒DOHC5バルブエンジンを搭載しています。

 

2004年9月にラインアップが強化され、下記のラインアップとなりました。

  • アウディ A8 3.7 quattro(最高出力:206kW(280ps))
  • アウディ A8 4.2 quattro(最高出力:246kW(335ps))
  • アウディ A8 L 4.2 quattro(最高出力:246kW(335ps))

 

新しく登場した「アウディ A8 L 4.2 quattro」は、ロングホイールベース車です。

「L」がロングボディであることを表しており、ホイールベースは3,075mmとなっています。

アウディ A8 4.2 quattroよりもホイールベースが130mm延長されているところが特徴です。

 

2005年3月に「アウディ A8 6.0 quattro」「アウディ A8 L 6.0 quattro」が追加されています。

エンジンは、6L W型12気筒エンジンを搭載。

最高出力331kW(450ps)を発生します。

新たにシングルフレームグリルが採用されたところがポイントです。

 

2005年8月、最高出力191kW(260ps)の3.2L V型6気筒FSIエンジンを搭載した「アウディ A8 3.2FSI quattro」がラインアップに加わりました。

 

2006年8月に発売されたラインアップは以下のとおりです。

  • アウディ A8 3.2FSI quattro
  • アウディ A8 4.2FSI quattro
  • アウディ A8 L 4.2FSI quattro
  • アウディ A8 L 6.0 quattro

「アウディ A8 4.2FSI quattro」には、4.2L V型8気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力257kW(350ps)を発生します。

 

2008年1月、マイナーチェンジを発表。

ラインアップは2006年8月と変更はありませんが、エクステリアのデザイン変更や装備の改良がありました。

また、国内で初めて地上デジタルTV 放送(フルセグ)チューナーを搭載した「マルチメディア インターフェース(MMI)」が標準装備されています。

 

2008年8月、後席の快適性をより向上させた特別仕様車「アウディ A8 L 4.2FSI quattro ショーファーリミテッド」を設定しました。

 

2代目「アウディ A8」基本モデルのスペック

2代目「アウディ A8」の「アウディ A8 3.2FSI quattro」のスペックは以下のとおりです。

  • 全長:5,055 mm
  • 全幅:1,895 mm
  • 全高:1,450 mm
  • 車両重量:1,890kg
  • 最高出力:191kW[260PS]/6,500rpm
  • 最大トルク:330Nm[33.60kgm]/3,250rpm

 

3代目アウディ A8の特徴

2009年12月に欧州で発表された3代目アウディ A8。

「The Art of Progress (アート・オブ・プログレス:革新の美学)」をコンセプトに、エレガントなデザイン、傑出したドライビング エクスペリエンス、安全・快適な室内空間を実現しています。

 

日本では、2010年12月に発表されました。

ラインアップは以下のとおりです。

  • アウディ A8 3.0TFSI quattro
  • アウディ A8 4.2FSI quattro
  • アウディ A8 L 4.2FSI quattro

 

「アウディ A8 4.2FSI quattro」「アウディ A8 L 4.2FSI quattro」に搭載される4.2L V型8気筒ガソリン直噴(FSI)エンジンは、細部に渡り改良を受けており、出力が向上しました。

 

「アウディ A8 3.0TFSI quattro」は、スーパーチャージャー付き3.0L V型6気筒ガソリン直噴(TFSI)エンジンを搭載。

最高出力213kW(290ps)を発生します。

 

2011年6月、ロングホイールベース仕様「アウディ A8L」に、「アウディ A8 L W12 quattro」が追加。

最高出力368kW(500ps)、最大トルク625Nm(63.7kgm)を生み出す、6.3L W12気筒直噴ガソリン (FSI)エンジンを搭載しています。

 

大きな開口部を持つパノラマサンルーフを装備しているところもポイントです。

 

2012年9月、一部仕様変更でラインアップにも変更がありました。

 

4.0L V型8気筒ガソリン直噴(FSI)ターボエンジンを搭載した「アウディ A8 4.0TFSI quattro」「アウディ A8 L 4.0TFSI quattro」が追加。

最高出力、最大トルクともに大幅に向上し、最高出力309kW(420ps)、最大トルク600Nm(61.2kgm)となっています。

 

2013年2月、高効率を誇るハイブリッド仕様「アウディ A8 hybrid」を追加。

120台限定で販売されています。

 

2014年8月、仕様の一部変更で「Audi プレセンスパッケージ」が標準装備されています(アウディ A8 hybridのみオプション設定)。

 

2015年5月、下記の特別な限定モデルが発売されました。

  • アウディ A8 3.0TFSI quattro スポーツエディション(限定8台)
  • アウディ A8 4.0TFSI quattro スポーツエディション(限定42台)
  • アウディ A8 L 4.0TFSI quattro ショーファースペシャルエディション(限定5台)

 

3代目「アウディ A8」基本モデルのスペック

3代目「アウディ A8」の「アウディ A8 3.0TFSI quattro」のスペックは以下のとおりです。

  • 全長:5,145 mm
  • 全幅:1,950 mm
  • 全高:1,465 mm
  • 車両重量:1,930kg
  • 最高出力:228kW[310PS]/6,500rpm
  • 最大トルク:440Nm[44.90kgm]/2,900rpm

 

4代目アウディ A8の特徴

フルモデルチェンジした4代目アウディ A8は、2017年7月にバルセロナで開催されたアウディサミットで発表されました。

 

日本では、2018年10月に発売されています。

ラインアップは以下のとおりで、モデル名が出力レベル(kW)を表す2桁の数字になりました。

  • アウディ A8 55 TFSI quattro
  • アウディ A8 60 TFSI quattro
  • アウディ A8 L 60 TFSI quattro

 

「アウディ A8 55 TFSI quattro」は、最高出力250kW(340ps)の3.0L V型6気筒直噴ターボを搭載。

「アウディ A8 60 TFSI quattro」「アウディ A8 L 60 TFSI quattro」には、最高出力338kW(460ps)の4.0L V型8気筒直噴ツインターボを搭載しています。

 

さらに、革新的な「48Vマイルドハイブリッドシステム」「8速ティプトロニックトランスミッション」「quattro」を組み合わせ、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

 

アダプティブドライブアシスト(ADA)といった最先端の運転支援システムを搭載し、安全性や長距離ドライブの快適性を大幅に向上しました。

 

2021年5月、アウディ A8 55 TFSI quattroをベースとした50台の限定モデル「アウディ A8 Grand Touring limited」を発売しています。

 

2022年1月現在のラインアップもチェックしてみてくださいね。

  • アウディ A8 55 TFSI quattro
  • アウディ A8 60 TFSI quattro
  • アウディ A8 L 60 TFSI quattro

 

フォーマルセダンの最⾼峰「アウディ A8」をぜひ実際にショールームで体感してみませんか?

 

アウディ A8については、下記のコラムでも詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。

Audi A8はフォーマルセダンの最⾼峰!その魅力とは?

Audi A8 Lは最⾼級ラグジュアリーセダン!注目ポイントは?

 

4代目「アウディ A8」基本モデルのスペック

4代目「アウディ A8」の「アウディ A8 55 TFSI quattro」のスペックは以下のとおりです。

  • 全長:5,170 mm
  • 全幅:1,945 mm
  • 全高:1,470 mm
  • 車両重量:2,040kg
  • 最高出力:250kW[340PS]/5,000-6,400rpm
  • 最大トルク:500Nm[51.0kgm]/1,370-4,500rpm

 

 

フラッグシップセダン「アウディ A8」にご注目ください!

アウディのフラッグシップセダン「アウディ A8」。

 

日本で初代アウディ A8は、1955年5月から発売が開始されました。

現行のモデルは4代目です。

 

今回の年式紹介を参考に、お気に入りの一台を見つけてみませんか?

 

詳しくはお近くのショールームへお気軽にお問い合わせください。

皆様のご来店をお待ちしております!

 

※一部、基本性能等は変更になっている場合があります。ご不明な点はショールームへお問い合わせください。

 

清水 敏弘シミズ トシヒロ

ヤナセ入社後、VW・Audiの輸入業務を経験した後、オペルの広告宣伝やメルセデス・ベンツの神奈川エリア販売促進業務を経て、現在Audiの販売促進活動に従事しています。

様々なモデルに携わらせていただいた立場から、Audiの特徴や先進技術は勿論、Audiを所有することで得られる豊かなカーライフ等を丁寧にお伝えできればと思います。

閉じる