news芝浦NEWS

YANASE Audi
Official Information Site

2020.02.14

東京|Audi芝浦がショールームレイアウトの秘密をご紹介!

Audi芝浦の邨田です。

 

Audiのショールームにはコンセプトがあるのをご存知でしょうか?

実はAudiには車だけではなく、ショールームにもこだわりがあるんです!

 

今回はAudiのショールームレイアウトの秘密をご紹介いたします。

Audiオーナー様はもちろんのこと、Audiに興味がある皆様もぜひご覧くださいね。

 

 

分かる方はかなりのAudiマニア!ショールームの外装デザインについて

Audiショールームの外装

Audiショールームの外装からご紹介いたします。

 

ショールームの外装ですが、どこかで見覚えのあるデザインが採用されております。

 

ここでクイズですが、上記画像の「左側」が何のデザインをしているか皆さんはわかるでしょうか?

 

正解は…?

ショールームの外装左側は「Audi RSモデル」などに採用されている「ハニカムグリル」のデザインになっております!

Audiのハニカムグリル

ショールームの外装から「Audi」の世界観を表現しています。

 

 

Audiショールームのコンセプトやレイアウトの秘密

Audiショールームの壁

Audiのショールームにはコンセプトがあります。

ショールームの展示車がどうして「向きが同じ」で「角度をつけている」のか、その秘密もご紹介します!

 

Audiショールームの壁

Audiショールームの壁は、モータースポーツにおける栄光の歴史をイメージさせる「アーヴスサーキット」のバンク角を再現しております。

 

「アーヴスサーキット」とは、ドイツの首都ベルリン郊外にかつて存在したサーキットの名前です。

1937年に「Audi Type C streamline」が世界最高時速を叩き出しました。

(Audi Type C streamline…今から80年も前に当時の世界最高時速406.32kmを記録した伝説のモデル)

 

その伝説のアーヴスサーキットのバンクをモチーフにした壁面は「Audiカーブ」と呼ばれています。

 

Audiのショールームレイアウトの秘密

Audiショールームのレイアウト

Audiのショールームが「展示車の向きが同じ」で「角度をつけて展示されている」ことにも理由があります。

 

それは「アーヴスサーキットを疾走するイメージ」が持てるように配置されているからなんです!

実はAudiのショールームは、配置なども細かく統一されております。

 

ショールームの床にもご注目!

Audiショールームの床

普段お客様が点検などでお待ちいただいているスペースは、展示スペースの床と色が異なります。

 

これも黒いところをアーヴスサーキットに見立てる為の演出です。

より展示車がカッコよく見えます!

 

車だけではなくショールームにもこだわった「Audi」のショールームへぜひお越し下さいね。

 

 

アウディ最大級のショールーム「Audi芝浦」にぜひお越しください!

車だけではなくショールームにもこだわっているAudi。

「アーヴスサーキット」のイメージを持っていただけるように、ショールームの壁や床にも意味があり、展示車の配置まで統一されています。

ぜひ実際に見にいらしてください!

 

Audi最大級のショールームを誇る「Audi芝浦」では、展示車だけでなく、Audiアクセサリーも展示しております。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

Audi芝浦の店舗情報はこちら

邨田 辰弥ムラタ タツヤ

皆様、いつもスタッフブログをご覧頂き有難うございます。
副支店長を務めます邨田辰弥(むらたたつや)です。
沢山のお客さまに愛されるショールームを目指し、
スタッフ皆で日々努力して参ります。
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。